053600

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
炉端の近況報告

1神童子谷沢登り  / 2赤井谷沢登り  / 3「ナメゴ谷橋から高塚山へ」  / 4夏山開始  / 5学能堂山(岳の洞) ベニバナヤマシャクヤク  / 6滝畑で練習会  / 7三峰山&平倉峰  / 8「竜口尾根 初夏」  / 9御在所岳 中道↑ 裏道↓  / 10七面山  / 11石鎚山と天狗岳(三嶺は雨天中止)  / 12旗尾岳・府庁山〜鳥地獄  / 13法主尾山  / 14金剛山カタクリ巡り  / 15経ヶ塚山&音羽山  / 16白屋岳から鎧岳に  / 17高野山 女人道  / 18藤原岳と福寿草のお花見登山  / 19東西タツガ岩  / 20冬の稲村ヶ岳へ!  /

[ 指定コメント (No.234) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ 「ナメゴ谷橋から高塚山へ」 投稿者:M田
7月23日に、今は歩く人が殆どいない大峯のクラシックルートナメゴ谷橋から
論所ノ尾を登り大峯奥駆道の一ノ垰を経由して高塚山へ周回して来ました。
ナメゴ谷は春には桜が秋には紅葉がまるで竜が天に昇が如く尾根筋を駆け上がる景観で有名な所です。
ナメゴ谷橋の登山道入り口をスタートします。しばらくは案内板もあるのですが
400メートルほど進むと道が不明瞭になり登山道は消滅していました。
谷の沢筋にあるゴーロ帯を目的の尾根を探して右往左往してやっと古びたテープを見つけて
尾根に這い上がりました、もはや登山道の痕跡さえありませんでした。
尾根の急登を標高1050メートル付近にある廃林道まで登りそして休息。
そこから残りの論所ノ尾を一ノ垰目指して行くとトンネル東口からのルートに合流、
一時間程かけて登るとやがて笹の茂った景色に変わり稜線に乗りました。
稜線では風が吹いて大汗をかいた体に心地良く疲れが少し癒されます。
一ノ垰付近にある奥駆道の弥山・大栂山方面の分岐を大栂山へと向かいます。
ここからはブナやシロヤシロが林立する稜線上の森の中を進みました。
この付近はシロヤシロの開花シーズンは白いトンネルが出現するとても雰囲気の良い場所です。
30分ほどかけて大栂山との分岐を今度は高塚山方面へと40分ほど歩き山頂へ到着しました。
今回は上北山村西原から高塚山を直接目指す別動隊と山頂にて合流する計画でした。
途中お互いに無線にて位置を確認しながら登り無事に山頂にて合流できました。
昼食休憩を取った後別動隊とは此処で別れ下山に掛かります。
下山は山頂より直接廃林道を目指し急降下になります。
林道はあちらこちら崩壊が進んでおり林道への着地にはルートファインディングが要求されます。
事前の下見にてテープを打っていたので進路修正しながら無事林道に着地。
後は行者還トンネル東口方面へ林道を一キロほど戻り、ショートカット出来る尾根を登山口へ
標高250メートルほど最後の急降下して帰り着きました。総距離9キロ行動時間約8時間でした。
このルートを歩かれる方へ一言、登山口から尾根へ乗るまでと、高塚山山頂から降下には
ルートファインディングが必要です。ある程度の読図力かGPSは必要です。
今回の参加者はHIDEさん・がりさん・タカさん・YAMAさん・じゅんさん・かずさん
別動隊ショウタンさん・kikiさんと私総勢9名でした。ご参加の皆様お疲れ様でした。


2017/07/26(Wed) 21:28:57 [ No.234 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -