053600

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
炉端の近況報告

1神童子谷沢登り  / 2赤井谷沢登り  / 3「ナメゴ谷橋から高塚山へ」  / 4夏山開始  / 5学能堂山(岳の洞) ベニバナヤマシャクヤク  / 6滝畑で練習会  / 7三峰山&平倉峰  / 8「竜口尾根 初夏」  / 9御在所岳 中道↑ 裏道↓  / 10七面山  / 11石鎚山と天狗岳(三嶺は雨天中止)  / 12旗尾岳・府庁山〜鳥地獄  / 13法主尾山  / 14金剛山カタクリ巡り  / 15経ヶ塚山&音羽山  / 16白屋岳から鎧岳に  / 17高野山 女人道  / 18藤原岳と福寿草のお花見登山  / 19東西タツガ岩  / 20冬の稲村ヶ岳へ!  /

[ 指定コメント (No.225) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ 旗尾岳・府庁山〜鳥地獄 投稿者:ヨッピー
 4月30日お天気に恵まれ春うららの中、昨年延期になっていた鳥地獄を
千早〜旗尾岳〜府庁山〜十字峠〜鳥地獄 又 府庁山に戻り田山〜千早を周回してきました。
旗尾岳は548mと低山ではありますが、いきなりの急坂で、鉄塔を幾つも越え息を切らしながらの登りです。
旗尾岳を越えると傾斜は楽になるものの、アップダウンの繰り返しで新緑が目にまぶしいだけに景色がありません。
ちょっと景色を楽しんでもらおうと、サイノ神谷に下る尾根に寄り道、帰路に下る府庁山から田山方面への尾根や河内長野方面の景色を楽しんで頂きました。

 府庁山に着き、時間的に十分なようなのでショートカットの予定だったガレの多い林道を止め十字峠から下り、鳥地獄へと向かいました。
丁度昼食にと思っていた空き地にお昼前に到着日陰もあってそこで昼食タイム。

鳥地獄は相変わらず不気味な空気の漂う場所ですが、
鳥地獄とは(岩石の割れ目などの噴気孔から噴出する炭酸ガス,硫化水素,亜硫酸ガスなどのため鳥や昆虫が死ぬような場所)とありますが、近頃鳥の死骸を殆ど見受けない様で、噴気孔が詰まっている(JJさん談)のかも知れませんね。
やはりみんなで行けば怖くない!しかし長居は無用!早々と退散してきました。

 帰路に心配したショートカットの林道のガレは、先日雪解けの時に歩いたからか、ガレガレで石が浮いていましたが、殆ど落ち着いてくれていて歩きやすくなっていてホットしました。
 府庁山へ戻り、やはりアップダウンしながらクヌギ峠に着いて、華さんの案内で賽の神により千早駅近くで解散となりました。距離は13.5km 時間は8時間でした。

参加者 kiki ココペリ コマちゃん ケンタン saito sho じゅん タカ ドメ 華 Be ヨッピー の12名でした。


2017/05/02(Tue) 10:08:22 [ No.225 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -