052222

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
炉端の近況報告

1神童子谷沢登り  / 2赤井谷沢登り  / 3「ナメゴ谷橋から高塚山へ」  / 4夏山開始  / 5学能堂山(岳の洞) ベニバナヤマシャクヤク  / 6滝畑で練習会  / 7三峰山&平倉峰  / 8「竜口尾根 初夏」  / 9御在所岳 中道↑ 裏道↓  / 10七面山  / 11石鎚山と天狗岳(三嶺は雨天中止)  / 12旗尾岳・府庁山〜鳥地獄  / 13法主尾山  / 14金剛山カタクリ巡り  / 15経ヶ塚山&音羽山  / 16白屋岳から鎧岳に  / 17高野山 女人道  / 18藤原岳と福寿草のお花見登山  / 19東西タツガ岩  / 20冬の稲村ヶ岳へ!  /

[ 指定コメント (No.217) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ 冬の稲村ヶ岳へ! 投稿者:M田
冬の稲村ヶ岳へ!

2月19日に稲村ヶ岳へ行ってきました。

今回はグループを2グループに分けて、第一グループは稲村ヶ岳登頂を目指し
私達第二グループは先発隊から少し間をおいて追従、目的地を山上辻の稲村小
屋までとしました。

当日は黒滝の道の駅に集合後、洞川の母公堂Pをスタートしました。法力峠ま
では例年の雪道の感じでしたが、峠を超えて進むうちに積雪量がどんどん増え
夏道は殆どの部分が深い雪に覆われたトラバース道と化しています。先行者の
トレース跡もあり雪自体は締まっていましたが緊張感を持って進みます、山上辻に近づいた所で、とうとう先行者のトレースは夏道を離れ尾根に向かって直登ルートに変わってしまい夏場なら石楠花の茂ったブッシュ帯を登りました。
石楠花の上に雪が積もったルートは空洞部分が多く何度も踏み抜き思うように進めません。ようやく尾根へ大きく高巻くルートで稲村小屋へ到着。
なんと登山口から4時間半ほどかかりました。先発隊が休息を済ませて山頂に向けて出発するのと入れ替えに昼食休憩を取りました。稲村小屋周辺も例年以上の積雪量でなんと小屋の一階部分は完全に埋没しています。
しかしわるい事ばかりではありません、上を見上げれば抜けるような青空の中に真っ白な樹氷が素晴らしい景観を創っており癒されます。昼食を取り下山にかかりました。
下山も往時と同じく緊張を強いられるルートを時間をかけて登山口まで戻りました。先発隊は残念ながら、小屋から先も深い雪に進路を阻まれ大日キレットにてタイムアウトとなり日没後の下山完了となりましたが、大きなトラブルも無く全員無事に戻れました。

私達第二グループはケンタンさん・じゅんさんそして私の3名でした。今回ご参加された2グループのメンバーさん大変お疲れ様でした。


2017/02/20(Mon) 19:55:38 [ No.217 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -