053454

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
炉端の近況報告

1神童子谷沢登り  / 2赤井谷沢登り  / 3「ナメゴ谷橋から高塚山へ」  / 4夏山開始  / 5学能堂山(岳の洞) ベニバナヤマシャクヤク  / 6滝畑で練習会  / 7三峰山&平倉峰  / 8「竜口尾根 初夏」  / 9御在所岳 中道↑ 裏道↓  / 10七面山  / 11石鎚山と天狗岳(三嶺は雨天中止)  / 12旗尾岳・府庁山〜鳥地獄  / 13法主尾山  / 14金剛山カタクリ巡り  / 15経ヶ塚山&音羽山  / 16白屋岳から鎧岳に  / 17高野山 女人道  / 18藤原岳と福寿草のお花見登山  / 19東西タツガ岩  / 20冬の稲村ヶ岳へ!  /

[ 指定コメント (No.210) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ 岩湧山(猿の前栽から) 投稿者:ショウタン
年末も差し迫った28日、本年最後と登山を急遽募り、猿の前栽から岩湧山まで登りました
登山口は権現の滝からワイルドに斜面に取り付き、権現滝上のコースに登ります
チョット○危な面白い登り、途中の小岩を登り、権現山に突きあがります
権現山は、古いエアリアマップには権現城跡とあり、山城があったようですが、細い尾根にと感じます
少し南の小岩の上が、猿の前栽と言うピークだそうです
目的は、申年に猿の名の山に登り損ねたショウタンの希望で、言いだしっぺはショウタンです
そして、猿の前菜と書くと思っていたショウタンは、仲間からオードブルでは無いよ。前庭の前栽だよと教えてもらいました
尾根の東西は、槇尾山の尾根に、岩陵をむき出した一徳坊山の斜面、奥立岩にゴジラ岩、等々見晴らしは良い
横谷集落は、滝畑ダムの水没にあわず残ったそうだが、その集落の子供達が通ったと言う通学峠、私達はその道を見て村の子供の強さに感動する。
少し急な斜面を登りきれば451mのピークにキノコ形の休憩所、少し前までハイキング道が有ったとか
途中にコヤブ山が出るが、見晴らしは無い小さなピーク、ここから地籍の境界に植えたという山桃ノ木は巨大で、往年を感じる
エアリアマップにも記載が無い、梅ノ木峠が出る。ここにも古道が尾根を横切る
梅ノ木が植えられていたのだろうか??
岩湧山から茅を下ろした索道の名は、梅ノ木永久索道といったそうな
そんなんで、五人はワイワイと楽しく登るが、途中に出る索道支柱付近を越えた付近から、胸突きの急傾斜、昨夜の雨が地面を濡らし滑りが増す。
この登りは本当に厳しい登りだ。75号鉄塔でお昼を食べるが、マイナス三度の冷たさだ。
あと少しでダイトレに突き上げ、山頂を目指すが、茅は綺麗だ。
岩湧山の茅は国宝や世界遺産の茅葺に使われるとか。山頂で景色を楽しみ、東側に下りトイレ前から火避け道を歩き、北尾根と呼ばれる尾根を下る。
薄いが踏み跡などが有り急傾斜だが安心だ。一箇所のみワイルドな尾根を下りこむが、全体は歩き良い。
マークも有った。小休憩は一回取ったが、下りに疲れは出なかった。植林が出れば林道が上から見えた。
後は林道を下れば、路駐点は直ぐだ。周回時間は、ユックリ登りユックリ下って8時40分から16時15分だった。


2016/12/29(Thu) 12:49:12 [ No.210 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -